FC2ブログ
RSS

物の見え方:男と女の違い

 アラン&バーバラ・ピース夫妻による著「話を聞かない男、地図が読めない女」の中に、大変興味深い“物の見え方”が載っています。
 先ずは、絵画鑑賞を楽しんでください。

絵画鑑賞


 次に、何だか変な図形?文字?を見て、これは何か、しばしお考えください。

変な図形


 上の絵(下の図形も?)は、アメリカの心理学者エドワード・ボーリングが作成したもので、人によって受け取り方が違ってきます。
 絵の見え方は2通りあります。
 A 毛皮のコートにあごをうずめている老女
 B 左方向をみる若い少女

 Aと思うのは女性に多く、Bと思うのは男性に多いとのことです。 

 変な図形の方は、何が何だか分かりませんが、白い余白に意識を切り替えると、「FLY」の文字が浮かび上がってきます。
 これを簡単に発見するのは女性の方だそうです。

 この男女の違いがどうして起きるかと言いますと、「女は周辺視野が広く、男はトンネル視が得意」という特徴があるからとのことです。
 女性の場合は、視野が180度に及ぶことも珍しくなく、広い範囲をバクッと見取る傾向があるようです。よって、上の絵の場合は、より広い範囲を顔として捉えて老女と感じるのですし、図形は全体を捉えて意味のある文字が早く探し出せるのでしょう。
 それに比べ、男性は、双眼鏡で見るような狭い範囲を個々に詳細に捉え、それを関連付けさせて理解する傾向があるようですから、上の絵は、まず少女の顔を捉え、次に首といった捉え方をしてしまいますし、図形は、“ト?キ?ウ?↓イ?…何だこれ?”と、いつまでも悩み続けることになるのでしょう。

 男の脳、女の脳は、これほどに捉え方が違うようです。
 もっとも、100%そうだとは言えないようです。環境や教育・仕事によって、男性でも周辺視野が広まったり、女性でもトンネル視が強まったりするようですし、そのときの精神状態でも違ってくるようですからね。

 もう一つ、これに深く関係したことで、ピース夫妻が同著で書かれている事例を引用しましょう。

 なぜバターは消えてなくなるのか
 世界中どこでも、男女の間ではこういう会話が交わされているはずだ。男は、扉が開いた冷蔵庫の前に立っている。
 夫「バターはどこだ?」
 妻「冷蔵庫の中でしょ」 (中略)
 夫「ないなあ。別の所に置いたんじゃないのかい。冷蔵庫のどこを探したって、バターはないよ!」
 業を煮やした妻は勢いよくキッチンに入ると、冷蔵庫に手を突っ込み、まるで手品のようにバター入れを出す。(中略)女は視野が広いから(中略)ひと目で見渡せる。また、冷蔵庫のバターとジャムの場所など、規則性のない位置関係をちゃんと覚えていられる(中略)。男の場合、冷蔵庫をのぞきこむときに脳が探しているのはバターそのものではなく「バター」と書かれた文字だという研究報告もある。顔の向きが少しでもずれていると、何も見付からない。だから男は頭をきょろきょろ動かして探さないかぎり、目的のものは目に入らず、したがって「どこを探してもない」ことになってしまう。

 アッハッハ、と思わず笑ってしまいます。小生と女房の関係をズバリ言い当てていますからね。皆さんの場合はどうでしょうか。

(備考)この記事は、2013年03月20日に、別立てブログ「永築當果のブログ」に掲載したものです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
≪前のページ≪   1ページ/66ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

永築當果

Author:永築當果

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム