FC2ブログ

 ・女性はセックスのときに動物本来のオルガスムを味わっているのか ・セックスを秘め事とする唯一の動物、それは人 ・初期人類の挨拶行為はハグ&キスであった ・霊長類のセックスは単なる挨拶行為

RSS

カテゴリ:ヒトの奇妙な性行為のエントリー一覧

  • 女性はセックスのときに動物本来のオルガスムを味わっているのか

     日本でもベストセラーとなった「話を聞かない男、地図が読めない女」の著者として有名になったアラン&バーバラ・ビーズ夫妻(オーストラリア人)共著の本を幾冊か読みましたが、その中で「セックスしたがる男、愛を求める女」(主婦の友社)という本に、次の記述があります。第8章 男が知らなかった女の11のナゾ 4 なぜ女にはオーガズムがあるのか? オーガズムがあるのは人間の女だけ。ほかの動物の交尾は7~10秒程...

  • セックスを秘め事とする唯一の動物、それは人

     世界中の民族において、太古から人はセックスを秘め事としてきました。 もっとも何事にも例外がありまして、その昔、日本の各地の社寺では、雑魚寝して集団セックスが行われていた所が数多くありましたし、明治時代にあっても、祭や年末の仕事納めの後で若者グループがそうした風習を持っていた地域もありました。 でも、こうしたケースにあっても、恒常的に年中行われ続けたわけではないですし、真昼間に堂々と行われたことも...

  • 初期人類の挨拶行為はハグ&キスであった

     現代においては、ヒトの異常増殖で人口密度が限度を超えて高くなっており、また所属集団外のヒトと頻繁に顔を合わせることになりますから、挨拶行為はヒトしか持ち合わせていない「言葉」が卓越しています。 そして、密集して暮らしていると、親密な関係であっても体の接触を避けるようになり、「お辞儀」(至近距離にいる相手の姿が見えなくなり、頭を殴られたり、体を蹴られても防ぎようがない態勢にお互いが置くことによって...

  • 霊長類のセックスは単なる挨拶行為

     霊長類の群は基本的に閉鎖的であるがゆえに、部外者が頻繁に入り込むことはないです。よって、普段の生活においては、皆顔見知りの仲間同士での挨拶が行われることになります。 まれに接触する隣接群とは、縄張り争いもあって多少緊張状態にあり、遠くからじっと見据えることとなって、挨拶を交わすことは少ないようですが、中には友好的な隣接群もあり、そうした場合は、両群入り混じって挨拶を交わすこともあります。もっとも...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Author:永築當果

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム