FC2ブログ

 ・チンパンジーはじゃんけんができる ・無脊椎動物から哺乳類まで様々な動物種で観察されるカニバリズム ・結婚学入門(下)“夫婦とは、どこかのおじさん・おばさん” ・結婚学入門(上)“ジューン・ブライドは理想的な結婚” ・物の見え方:男と女の違い ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:コーヒーブレイクのエントリー一覧

  • チンパンジーはじゃんけんができる

    (京都大学霊長類研究所のHPより)チンパンジーがじゃんけんを学習 循環関係を理解する能力を備える (2017/08/10 高潔(GAO Jie)、友永雅己、蘇彦捷(SU Yanjie)、松沢哲郎)概要研究内容と成果について 世界のあちこちで人間はじゃんけんをします。じゃんけんというのは循環する関係です。「紙」は「石」に勝ち、「石」は「はさみ」に勝ち、「はさみ」は「紙」に勝ちます。もし「はさみ」が「紙」に勝つのではなく4つ目の例...

  • 無脊椎動物から哺乳類まで様々な動物種で観察されるカニバリズム

    京都大学霊長類研究所のHPに「野生ボノボにおける、死児を対象としたカニバリズム事例の報告」がアップされていました。2016/10/28(報告者:Nahoko Tokuyama, Deborah Lynn Moore, Kirsty Emma Graham, Albert Lokasola, Takeshi Furuichi)概要 カニバリズムとは同種を対象とした肉食行動のことで、無脊椎動物から哺乳類まで様々な動物種で観察されます。 母親が自らの子を食べる行動(Maternal cannibalism)は霊長類では珍...

  • 結婚学入門(下)“夫婦とは、どこかのおじさん・おばさん”

    “夫婦とは、どこかのおじさん・おばさん”です。結婚とは、赤の他人の「二人」が一人前の大人になって「仁」づくり。 “夫婦喧嘩は犬も食わぬ”と言います。 意味するところは違いますが、人間は、犬から軽蔑されているようです。 どうも、哺乳類全般に、夫婦喧嘩はなさそうでして、唯一の例外が人間のようです。 じゃあ、人間だけがなぜ夫婦喧嘩するのか。 これについて、ある本に興味深い説明が書かれていましたので、それを紹...

  • 結婚学入門(上)“ジューン・ブライドは理想的な結婚”

    “ジューン・ブライドは理想的な結婚である”ただし、離婚まで「執行猶予3年」の“判決”が下されます。 毎年5月には、家のベランダで盛りが付いた猫たちが“フギャー、ウギャー!”と大声でわめきます。ヒトも、多分その時期が恋の季節なのでしょう。 でも、ヒトは、即、いたしません。オスのプロポーズに対して、メスは慎重にオスの品定めをし、“こんなオスだけど、ここらで妥協しよう。”と決断するのが6月。 直ちに結婚し、新婚...

  • 物の見え方:男と女の違い

     アラン&バーバラ・ピース夫妻による著「話を聞かない男、地図が読めない女」の中に、大変興味深い“物の見え方”が載っています。 先ずは、絵画鑑賞を楽しんでください。 次に、何だか変な図形?文字?を見て、これは何か、しばしお考えください。 上の絵(下の図形も?)は、アメリカの心理学者エドワード・ボーリングが作成したもので、人によって受け取り方が違ってきます。 絵の見え方は2通りあります。 A 毛皮のコー...

≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

永築當果

Author:永築當果

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム