FC2ブログ
RSS

2017年04月のエントリー一覧

  • 目的論の落とし穴=子孫を残す(その3)

     本稿その2で、最後に次のように書いた。 完成された生命体である真核単細胞生物は、その後、多細胞化し、脊椎動物、哺乳類、霊長類、ヒトへと姿を変えていく一群が登場した。彼らの生まれ変わりの様から、外見上、子孫を残す行為を取り始めたやに思われてしまうのだが、実際は違う。 このことについて論ずることにする。 原核単細胞生物なり真核単細胞生物の分裂、これを無性生殖と呼んでいるが、同じ1人が2人になっただけ...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

永築當果

Author:永築當果

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム