FC2ブログ
RSS

初期人類の挨拶行為はハグ&キスであった

 現代においては、ヒトの異常増殖で人口密度が限度を超えて高くなっており、また所属集団外のヒトと頻繁に顔を合わせることになりますから、挨拶行為はヒトしか持ち合わせていない「言葉」が卓越しています。
 そして、密集して暮らしていると、親密な関係であっても体の接触を避けるようになり、「お辞儀」(至近距離にいる相手の姿が見えなくなり、頭を殴られたり、体を蹴られても防ぎようがない態勢にお互いが置くことによって、相手を信頼していることを意思表示する挨拶行為)が一般化すると考えてよいでしょう。これは、日本人に特徴的な挨拶行為です。それだけ日本は古来より人口密度が高すぎたからだと言えるでしょう。
 西欧にあっては、古来より人口密度がそれほど高くはなかったものと思われ、日本人のようにお辞儀するのではなく、体の一部を接触させる「握手」(お互いに体の接触を許すことで親密さを確認することになり、また、相手を殴ることができにくくなって信頼していることを意思表示する挨拶行為。なお、軽い挨拶であれば片手、深い挨拶となると両手となる。)が主流です。
 握手よりも親密な挨拶行為は「抱擁(ハグ)」であり、さらには、これに頬への「キス」が加わります。これも西欧に卓越します。なお、東欧においては、男同士であっても相互の唇にキスする風習を持つ所もあります。

 ところで、ヒトに近縁のチンパンジーの挨拶行為は、通常、毛づくろい、抱擁、キス、性交の4つが状況に応じて使い分けされています。性交が挨拶行為とは奇異に思われるでしょうが、これについては、霊長類のセックスは単なる挨拶行為 で述べたところです。
 そして、チンパンジーは、まれに握手もします。お互いに向かい合って手を上にあげ、一方の個体の左手と相手の個体の右手で握手し、空いた方の手で毛づくろいをするというものです。
 さて、太古のヒトの場合、どんな挨拶行為が行われたのでしょうか。
 無毛症と化したヒトですから、毛づくろいは不可能です。また、ヒトは性交機能障害に陥ってしまいましたから、性交は、オス・メス相互の精神的・肉体的両面の相当な努力なくしてはできなくなり、通常の挨拶行為とは異質な性質のものとなりました。このことについては、後日に別途記事にする予定です。
 そうなると、ヒトの通常の挨拶行為は、抱擁とキスだけになり、この2つが群内、群外を問わず、盛んに使われたことでしょう。
 なお、お辞儀は極度に人口密度が高まった後世に新たに採られるようになった挨拶行為でしょうし、握手も群相互が初対面の場合に警戒しつつ行われるという、まれな行為ではなかったでしょうか。

 ヒトの抱擁の仕方はチンパンジーとどれだけも変わらず、両手を相手の背中に回して軽く抱き合うという、現代の方法と同じであったでしょうが、キスとなると、少々違ったものに変化していったと考えざるを得ません。
 チンパンジーのキスは、口先を少々とんがらせて互いに軽く接触させるというものです。そして、チンパンジーにはヒトのような唇がありません。ヒト以外の霊長類は皆同じです。
 ヒトだけが持つ唇。これは、口内粘膜がめくれ上がって固定されてしまったものです。
 霊長類の幾つかの種において採られる挨拶行為として、「口内粘膜のめくり上げ」があります。これは、低位の者が上位の者に対して行う挨拶で、非常に傷つきやすい口内粘膜をさらけ出すことによって、決して反抗しないという意思表示になっています。
 ただし、ヒヒにあっては、犬歯を見せ付けて相手を威嚇するために同様な行為を行いますが、これは挨拶行為とは別物と捉えた方がよいでしょう。

 さて、ヒトの唇がどのようにして出来上がったのでしょうか。
 これは、小生の推測ですが、ヒトの挨拶行動が抱擁とキスだけになり、また、直立二足歩行への進化過程で一時的に性交もしなくなった(これも小生の推測で、別途記事にする予定)と考えられますから、キスが頻繁に、そしてオス・メス間で濃厚に行われるようになったに違いありません。なお、舌を相手の口の中に入れ、舌を絡めて快感を得ようとするディープキスを異性間でするのもヒトだけで、これは、性交の代替行為として行われるようになったものと思われ、これが今日まで続いているのでしょう。
 そして、キスによる快感を高めるには、口内粘膜をめくり上げて、互いの口内粘膜を触れ合わせるのが一番です。これが親密な挨拶として、異性間、同性間を問わず、一般化するのは必至でしょう。
 こうした形でのキスを累代にわたって日常茶飯事に行うようになれば、口内粘膜を意識的にめくり上げなくても、めくり上がった状態で自然と固定されてしまうことになるのです。
 以上述べましたヒトに特有な唇の形成は、全くの私見ではありますが、十分に有り得たことではないでしょうか。

 遺伝子解析からチンパンジーとどれだけも違わないヒトですが、体の形質に大きな違いがあり、その違いから挨拶行為も以上に説明しましたように、その進化の過程で大きく変わったものになってしまったと考えられるのです。


(本稿は青少年育成上ふさわしくない表現が含まれますので、アダルトサイトでの投稿としました。)





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

永築當果

Author:永築當果

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム