FC2ブログ
RSS

ヒトはなぜ切れ長の目をしているのか

 ヒトはなぜ切れ長の目をしているのか。このことについて語られることは少ない。人の目が切れ長になっているがゆえに白目が目立ち、なぜに白目なのか、これについて語られることがほとんどだ。
 哺乳類の眼球はどのようになっているのか、これについて文献から抜粋して紹介しよう。
 
 つくば生物ジャーナル Tsukuba Journal of Biology (2004) 3: TJB200410TM.
 白い眼:牧岡 俊樹 (元 筑波大学 生物科学系)
 中国の昔、晋の時代の阮籍は正直な人で、好きな客は「青眼」で迎え、嫌いな客には「白眼」を向けたと伝えられている。青眼と言っても、北欧の人のような青い眼ではなく(中国の青い眼は碧眼と言うらしい)、まん中の黒目つまり虹彩の部分の晴々とした嬉しそうな表情を言うようだ。そして白眼とは、まともに相手を見ずにそっぽを向いていたので、相手からは白目ばかりが見えたのだろう。
 だがヒトの眼は、正面から見た時でも黒目の両側に白目がはっきり見える。相手に青眼を向けようとしてもその左右には白眼があって、100%の青眼にはならない。それに対して、たとえばイヌの眼はほとんどすべて黒目で白目はふつう見えない。イヌが期待に満ちてこちらの顔を見ている時の眼はまさしく裏表のない青眼である。ネズミやリスなどの眼も黒目がちで、特に夜行性のムササビなどでは、瞳孔が大きく開いたまっ黒な眼の中に思わず吸いこまれそうな気がするほどだが、いずれにしてもほとんどの哺乳類や鳥類の眼は黒目が多く白目は見えない。ただし白目がないわけではなく、ねむくて自然に眼が閉じていく時やリラックスしてゆっくりまばたきする時や頭を掻いていいきもちの時などに、ごく短時間だが眼球が反転して白目の見えることがあるようだ。
 黒目がちと白目がち(新造語)の違いは眼球にではなく面(つら)の皮に、より正確には面の皮に開いた眼の孔の形にある。多くの脊椎動物の眼の孔は眼球の黒目だけを出すようにほぼ円形に開いている。眼球には黒目の周辺に白目の部分がたしかにあるのだが、そこは常に皮膚に覆われていてふつうは外に露出しない。だから外界の光から眼球を保護するための色素がなく、眼球自体の白い色のままでいる。ヒトの眼も、眼球の構造は他の動物のとそれほど違わないが、面の皮の眼の孔が横に長く切れているために、はからずも白目がちの眼になっているのである。…
(引用ここまで)

 たしかに、白目の部分が真っ白な動物は霊長類ではヒトだけだが、オランウータンはどれだけかは白っぽい。それはさして重要な違いではないだろう。
 問題なのは、ヒトが切れ長の目であることだ。
 ヒトの赤ちゃんは、けっこう丸い目をしている。それが生長してくると、だんだん切れ長の目になってくる。
 チンパンジーはどうか。赤ちゃんも大人もけっこう丸い目をしており、生長してもほとんど変わらない感がする。彼らが目を細めるのは眩しいときなどに限られよう。
 ヒトの祖先がチンパンジーと分岐してから、眩しい環境に置かれ続けるとなると、目を細め続けるしかない。それが何万年、何十万年とも続けば、意識しなくても切れ長の目へと成長していくのではなかろうか。やがて、これが獲得形質となる。そう考えてよかろうというもの。
 で、眩しい環境とはどこか。それは水面を見続ける環境であろう。
 ここにも人類水生進化の足跡が見られる。小生はそう考えるのであるが、いかがなものであろうか。

プロフィール

永築當果

Author:永築當果

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム